ß M&A仲介会社の選び方を解説! かかる手数料やFAとの違いも紹介します | レバレジーズM&Aアドバイザリー

M&A仲介会社の選び方を解説! かかる手数料やFAとの違いも紹介します

 このページのまとめ

  • M&A仲介とは、中立的な立場から譲渡側と譲受側のサポートをすること
  • M&A仲介会社は「マッチング」「スケジュール調整」「交渉」をサポートする
  • M&A仲介会社を利用するメリットは「候補先が広がる」「コストを削減できる」など
  • M&A仲介会社によって、提供するサービス範囲や料金体系などが異なる
  • M&A仲介会社を選ぶときには、自社のニーズにあったものを選ぶことが大切

M&Aの仲介を依頼したいと考えたときに、「どのM&A仲介会社を選べば良いの?」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

M&A仲介会社を選ぶ際には、サービス内容や料金システムなどを自社の求める条件と照らし合わせることが大切です。

本コラムでは、M&A仲介会社を選ぶときに役立つ基礎知識を紹介。詳しいサービス内容や料金体系、利用するメリットなどを解説しています。

数あるM&A仲介会社から選ぶときのポイントもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

 M&A仲介とは

M&A仲介とは、M&Aアドバイザーが会社を譲渡する側と譲受する側の間に立って、中立な立場でサポートを行うことです。

M&A成立までに行われるマッチングや日程調整、交渉などについて、専門的な知識を活かして支援してくれます。

 M&A仲介会社とFAの違い

M&A仲介会社のようにM&Aをサポートしてくれるアドバイザーに、「FA(ファイナンシャル・アドバイザー)」があります。

ここでは、M&A仲介会社とFAの違いを解説します。

 M&A仲介会社のサービス内容

多くのM&A仲介会社は、M&Aの成約を中立的な立場からサポートします。

M&Aのマッチング段階から携わり、成立までを一貫して支援するM&A仲介会社もあります。

譲渡側と譲受側、双方の条件をすり合わせながらM&Aを進めるため、友好的な成約になりやすいのが特徴です。そのため、M&A仲介会社は多くの中小企業に利用されています。

 FAのサービス内容

FA(ファイナンシャル・アドバイザー)は、譲渡側と譲受側のどちらかと契約しており、契約した企業の利益が最大化するように支援を行います。

すでに譲渡先あるいは譲受先が決まった段階でM&Aに介入し、成約のためのアドバイスを行うのがFAの主な業務です。

利益の最大化を目的に、「M&Aの条件が妥当なものであるか」「法的観点において問題がないか」など、しっかりアドバイスをします。そのため、大勢の関係者を納得させることが求められる上場企業や大企業で利用されることが多い支援機関です。

 M&Aの3つの種類

M&Aの手法は、「買収」「合併」「会社分割」の主に3つです。

ここでは、それぞれの特徴を紹介します。

 1.買収

買収とは、会社あるいは事業を買い取るM&Aの手法のことです。

買収の方法には、株式の所有権を移動させて会社の支配権を渡す「株式譲渡」や、株式を交換して譲受側の会社と譲渡側の会社が親会社・子会社の関係になる「株式交換」があります。

そのほか、「事業譲渡」も買収の方法の1つです。事業のすべて、あるいは一部を譲渡します。

 2.合併

合併とは、会社を売る側の企業と買う側の企業が合わさって、1つの会社になるM&Aの手法のことです。

売却する側の会社と買う側の会社、両方の法人格を消滅させて、新しい会社に権利を統合させる場合は「新設合併」と呼ばれます。

一方、売る側の会社の法人格のみが消滅し、買う側の会社に統合される場合は「吸収合併」にあたります。

 3.会社分割

会社分割とは、事業の権利をほかの会社に引き継がせるM&Aの手法のことです。分割後の会社は消滅しません。

会社分割の種類は「吸収分割」と「新設分割」の2つです。吸収分割では、事業を買収会社に譲渡します。新設分割では、新たに会社を設立し、その新設会社へ事業を引き継ぎます。

 M&A仲介会社の果たす3つの役割

M&A仲介会社は、M&Aを成功させるための支援にあたり、以下の3つの役割を担っています。

 1.マッチングをする

M&A仲介会社は、M&Aの相手のマッチングを行います。

M&A仲介会社は自社のデータベースやプラットフォームを持っており、売買先の候補が豊富です。また、マッチング先を自ら探さなくて済むので、時間と手間を省けます。

 2.スケジュール調整をする

M&A仲介会社は、M&A成約までのスケジューリングを担います。

M&Aの成約までには企業価値の算定やマッチング、トップ面談など、多くのプロセスが存在します。専門的な知識も求められます。これらのスケジュール調整および実施を本業と並行して行うのは至難の業です。

M&A仲介会社には専門性の高いアドバイザーが在籍しているため、利用すればM&A成功に向けた無理のないスケジュールを組んでくれます。

 3.交渉・折衝をする

交渉や折衝をすることは、M&A仲介会社が担う大切な役割の一つです。

M&A仲介会社は、会社を売る側と買う側の間に入り、中立的な立場で支援を行います。M&A仲介会社を活用することによって、譲渡側・譲受側どちらも満足できる、有意義なM&Aになりやすくなるでしょう。

  M&A仲介会社を使う5つのメリット

M&A仲介会社を利用すれば、M&Aが円滑に進められます。

M&A仲介会社を利用することで得られるメリットは、主に以下の5つです。

  • M&Aの候補先が広がる
  • 適正価格で売買できる
  • 専門的なアドバイスを受けられる
  • M&Aを友好的に進められる
  • 時間・労力を削減できる

 1.M&Aの候補先が広がる

M&A仲介会社は独自のデータベースやネットワークを駆使し、幅広い候補先を所有しています。また、候補先企業の一つひとつの情報も揃っています。

M&A仲介会社を利用することにより、精度が高いマッチングを叶えられるでしょう。

 2.適正価格で売買できる

M&A仲介会社に間に入ってもらうことで、適正な価格で取引できます。

M&Aには専門的なノウハウが必要です。もし知識を持たないままM&Aに臨んだ場合、自社にとって不利な条件で成約に至ってしまう恐れもあります。

M&Aに関して豊富な知見があるうえ、中立的な立場で支援を行うM&A仲介会社を利用すれば、納得感のある取引ができるでしょう。

 3.専門的なアドバイスを受けられる

M&Aをいくつも成功に導いてきたM&A仲介会社を利用すれば、豊富な経験に基づくアドバイスを受けることが可能です。

特に、そのM&A仲介会社が得意とする業界に関しては、さらに的確な助言が期待できるでしょう。

また、M&A仲介会社には経営や会計、法律などの各分野に特化した専門家が在籍しています。M&Aを進めるにあたって課題が浮かび上がっても、すぐに解決に動けます。

M&Aに関して一貫してサポートをしてもらえるので、M&Aをスムーズに進めることが可能です。

 4.M&Aを友好的に進められる

中立的な立場で取引をサポートするM&A仲介会社を活用することで、M&Aを友好的に進行させることができます。

M&Aのノウハウを持つM&A仲介会社が間に入るので、どちらか片方が極端に不利になることは少なく、売却側・買収側の良好な関係が保ちやすくなります。

 5.時間・労力を削減できる

M&A仲介会社を利用すれば、M&A成約までにかかる時間や労力を減らすことが可能です。

M&Aの相手探しも代わりにやってくれるので、膨大な時間が取られることはありません。

また、譲渡・譲受の条件を把握した状態でマッチングを行ってくれるので、破談になるリスクを減らせます。もし途中で交渉決裂になれば、今まで割いた時間が無駄になってしまうでしょう。高精度のマッチングは、時間・労力の短縮のためにも重要です。

M&A仲介会社はマッチングをはじめ、M&Aにまつわるさまざまなサポートをしてくれます。M&A仲介会社を上手に活用することによって、M&Aにかかる負担が減らせます。

その結果、自社の経営に注力することも可能です。

  M&A仲介会社にかかる手数料の種類

M&A仲介会社を利用する際には手数料がかかります。

ここでは、M&A仲介会社を利用するときに発生する主な手数料を6つ紹介します。

なお、すべての手数料が必ずかかるとは限りません。料金設定はM&A仲介会社ごとに異なるため、事前にどの手数料がかかるのかを確認しておきましょう。

 成功報酬

成功報酬とは、M&Aが成功して案件が完了した際に発生する手数料です。

その名のとおりM&Aが成功したときに発生する報酬なので、成約に至らなかった場合は発生しません。

成功報酬の算出方法には、多くのM&A仲介会社で「レーマン方式」という、取引金額に応じて料率を変える方式が使用されています。

手数料率はM&A仲介会社によって異なりますが、レーマン方式における一般的な成功報酬は、以下の表の手数料率で算出されます。

取引額 手数料率
5億円以下 5%
5億円超~10億円以下 4%
10億円超~50億円以下 3%
50億円超~100億円以下 2%
100億円超 1%

たとえば、取引額が8億円だった場合、成功報酬の計算式は下記のとおりです。

(5億円×5%)+(3億円×4%)= 3,700万円

取引金額が少額だった場合は、M&A仲介会社が設定している最低報酬金額が、支払うことになる手数料です。

最低報酬金額はM&A仲介会社それぞれに設定が任されているため、金額は各社に確認してください。

 相談料

相談料とは、M&Aを依頼する前の相談段階でかかる手数料です。

相談料が無料のM&A仲介会社もあります。相談前に、相談料がかかるかどうかを確認しておきましょう。

 着手金

着手金とは、M&Aの仲介を依頼する際に支払いが生じる手数料です。

着手金は成功報酬と比べると金額が低いものの、M&Aの結果にかかわらず返金されません。

着手金の金額は、M&A仲介会社が取引の内容を鑑みて決定しています。

また、着手金の支払いを不要としているM&A仲介会社も存在します。M&A成約までの費用を抑えたい場合は、着手金が無料のM&A仲介会社をチェックしましょう。

 中間金

中間金とは、M&A成約までの過程で支払うことになる手数料です。

中間金が発生するタイミングはM&A仲介会社が決めています。大多数のM&A仲介会社が定めるタイミングは、M&Aの基本合意をした段階です。

中間金は返金されません。基本合意をしたあとにM&Aが白紙に戻る可能性もあるので、慎重に進めましょう。

中間金の設定金額はM&A仲介会社によって異なり、固定報酬にしている会社もあれば、成功報酬の1~2割に定めている会社もあります。

また、中間金を無料にしている会社も。M&Aが成約するまでの金銭的なリスクを避けたい場合は、中間金不要を謳っているM&A仲介会社に問い合わせてみましょう。

 デューデリジェンス費用

デューデリジェンス費用とは、M&Aを進める過程で買い手側が支払う手数料です。

買収予定の会社の価値やリスクなどについて調査を行うことを、「デューデリジェンス(Due Diligence・DD)」と呼びます。調査範囲は財務や税務、法務、人事など、多岐にわたります。

デューデリジェンスは実施する義務はありませんが、「相手の企業の価値が想定よりも低かった」「認識していない財務リスクがあった」などの事態を避けるために、多くの会社が依頼をしています。

デューデリジェンス費用はその調査にかかる手数料です。

デューデリジェンス費用の金額は一律で定められておらず、調査に費やされた工数をもとに算出されます。そのため、大規模な会社の調査や、情報管理が煩雑で手間がかかる会社の調査が必要な場合、手数料が高くなることもあります。

デューデリジェンスを一部にとどめたり、実施しない選択をしたりと、費用対効果を考慮したうえで判断することが必要です。

 リテイナーフィー

リテイナーフィー(Retainer Fee)とは、M&A仲介の依頼において毎月かかる、定額の手数料です。契約している間は、リテイナーフィーをM&A仲介会社に払い続ける必要があります。

M&Aの成約に時間がかかればかかるほど、支払うリテイナーフィーがかさんでいきます。

M&Aの完了が長引く可能性がある場合は、リテイナーフィーの支払いが設定されていないM&A仲介会社を選ぶのがおすすめです。

  M&A仲介会社の選ぶときの6つのポイント

ここでは、M&A仲介会社の選び方を紹介します。

M&A仲介会社を選ぶときにチェックするべきポイントは以下の6つです。

 1.契約の種類

M&A仲介会社の契約の種類は、主に「仲介型」と「アドバイザリー型」の2つです。

仲介型は、中立的な立場から譲渡側と譲受側の間を取り持ち、M&Aをサポートするタイプです。

一方アドバイザリー型は、依頼側の企業の利益が最大化するようにM&Aを進めます。

M&A仲介会社を選ぶ際には、自社に合った契約を選びましょう。

レバレジーズM&Aアドバイザリー株式会社は、仲介型・アドバイザリー型の両方に対応しています。

お客さまのニーズに柔軟に対応しているので、どちらのほうが良いか迷っている段階でもお気軽にご相談ください。

 2.サポートの範囲

M&A仲介会社を選ぶときは、M&Aのどのプロセスをサポートしてくれるのかを確認しましょう。

M&A仲介会社がサポートする範囲は、会社によってさまざまです。

たとえば、デューデリジェンスを実施するには各領域の専門家が必要であるため、なかには対応していないM&A仲介会社もあります。

また、M&Aの成立後のリスク最小化や統合効果の最大化を目的とする「PMI(Post Merger Integration)」についても、対応の可否はM&A仲介会社によって異なります。

自社で予定しているM&Aに必要なサービスを包括しているM&A仲介会社を選ぶと、コスト・手間を削減することが可能です。

 3.料金体系

M&Aの料金設定は、M&A仲介会社によってさまざまです。

M&Aの成約時に支払うことになる成功報酬のほか、相談料や着手金、中間金などがかかるM&A仲介会社もあります。

そのほか、デューデリジェンス費用やリテイナーフィーが設定されていることもあります。

M&Aにかけられる予算に沿って、M&A仲介会社を選びましょう。

自社にとって無理のない料金設定のM&A仲介会社に依頼することが大切です。

レバレジーズM&Aアドバイザリー株式会社は、M&Aが成約に至ったときに料金が発生する「完全成功報酬型」をとっています。M&Aのご成約まで、無料で利用することが可能です(買い手企業のみ中間金あり)。

もちろん相談も無料。M&Aをご検討の方、まずはお気軽にお問い合わせください。

 4.得意とする分野

M&A仲介会社には、それぞれ得意な分野があります。

M&A仲介会社がそれまでに広げてきたネットワークや他事業によって、得意な業界は異なります。

また、多数の中小企業との関わりが築けているM&A仲介会社もあれば、大企業に多くの紹介先を持つM&A仲介会社もあるでしょう。

得意とする業界・取引の規模が、自社が求めるM&Aの条件に合ったM&A仲介会社を選びましょう。

M&Aにおいて地域密着性を重要視するのであれば、M&A仲介会社がどの地域に特化しているかをチェックすることも大切です。

また、エリア進出を視野に入れたM&Aの場合も、重要なポイントとなります。

自社が求める地域がM&A仲介会社の紹介範囲にあるのかどうかを確認しましょう。

 5.実績

M&A仲介会社が持つ実績の多寡も、選ぶ際の基準の一つです。

豊富なM&Aの実績があれば、それだけノウハウが蓄積されていることになります。

いろいろな場面に臨機応変に対応し、M&Aをスムーズに進行してくれることが期待できるでしょう。万が一のトラブルの際も安心です。

 6.専門家が在籍しているか

財務や税務、法律などの専門家が在籍しているM&A仲介会社もあります。

M&A仲介会社を選ぶときには、各分野の専門家がいるM&A仲介会社を選択することがおすすめです。

M&Aのプロセスにおいて、買収する予定の会社の価値・リスクを調査する「デューデリジェンス」が発生することがあります。

デューデリジェンスは、財務や税務、法務、ITなどの多様な観点で実施されます。

デューデリジェンスは専門性の高い調査になるため自社での実施は難しく、専門家への依頼が必要となるプロセスです。

M&A仲介会社に専門家が在籍している場合、デューデリジェンスも実施してもらえます。

デューデリジェンスのために外部サービスを新たに探す手間が省けるのは、大きなメリットだといえるでしょう。

レバレジーズM&Aアドバイザリー株式会社には、各領域の専門性に長けたコンサルタントが在籍しています。

デューデリジェンスにも対応しており、M&Aのご成約まで一貫したサポートを提供することが可能です。

安心かつ円滑なM&Aを実現します。ぜひレバレジーズM&Aアドバイザリー株式会社のご利用をご検討ください。