ß M&Aにおける「人事労務の役割」と「実務ポイント」 | レバレジーズM&Aアドバイザリー


セミナー詳細

M&Aでは、株式譲渡、合併、会社分割、事業譲渡などの各スキームによって労働者に対する法律的なアプローチが異なるため、対応すべき⼈事施策を適切に実施する必要があります。
また、ディール完了後に⼗分なシナジーが発揮されるためには、円滑な⼈材交流が必要であり、その意味では労働条件等のPMI(統合プロセス)は重要なミッションであるといえます。
本講座では、⼈事労務領域の視点からM&Aシーンにおける⼈事労務担当者の役割と実務ポイントを解説いたします。

登壇者

佐藤 広一 氏

HRプラス社会保険労務⼠法⼈代表社員/ 特定社会保険労務⼠

「HRに安⼼、情報、ソリューションをプラスする」をコンセプトに、⼈事パーソンにコミットした労務相談、就業規則の⾒直しなど⼈事労務コンサルティングを展開している。IPO、M&A⽀援の実績が豊富であり、複数の上場企業のボードメンバーとして社内からも労務コンプライアンスに寄与。TBSドラマ『逃げるは恥だが役に⽴つ』、⽇本テレビ『ダンダリン労働基準監督官』監修、『労政時報』『週刊ダイヤモンド』『週刊エコノミスト』『ビジネスガイド』『⽇本経済新聞』など各種媒体への寄稿多数。労務⾏政のほか、⽇本能率協会、SMBCコンサルティングなどでセミナー講師としても活躍中。主な著書として『図解でハッキリわかる労働時間、休⽇・休暇の実務』(⽇本実業出版社)、『泣きたくないなら労働法』(光⽂社)、『M&Aと統合プロセス⼈事労務ガイドブック』(労働新聞社)など多数。

開催概要

日時

2021年12⽉6⽇(⽉)17:00〜18:00

◆会場

WEB開催(ZOOM)

◆ 参加方法

オンライン

お申し込みいただきました方に参加URLをお送りいたします。

※競合他社様のご参加はお断りする場合がございますので予めご了承ください。

◆ 参加費

  無料

◆こんな方におすすめ!

✔ 企業買収のおける人事労務担当者様

✔ M&Aの実務担当者様

✔ M&Aの情報収集を行いたい経営者様