Flow
サービスの流れ

サービスの流れ

ステップ1:個別相談

弊社担当者にて個別で相談を実施いたします。
貴社の経営課題や戦略をお伺いし、ご要望に沿った最適なソリューションをご提案させて頂きます。
尚、ご相談内容については、秘密を厳守いたしますのでご安心ください。
個別相談は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

ステップ2:秘密保持契約の保持・貴社資料の開示

個別相談実施後、秘密保持契約を締結させていただきます。
締結後に貴社事業や財務に関する資料をご開示いただき、弊社にて企業価値の算定に向けた分析と、譲受候補企業の選定を開始いたします。

ステップ3:企業価値算定・譲受候補企業の提案

いただいた資料を丁寧に分析し、業界動向、トレンド、弊社の実績等から、企業価値を算定いたします。
並行して、弊社独自データベースより譲受候補企業を選定し提案いたします。

ステップ4:アドバイザリー契約の締結

譲受先の選定が完了した段階で、弊社とのアドバイザリー契約を締結いただきます。
契約書の中に成果報酬について定めた文言がございますが、完全成果報酬型であるためご安心下さい。

ステップ5:譲受候補企業へ情報開示・トップ面談

オーナー様よりご了承を頂いた譲受候補企業のみ貴社情報をご開示いたします。
まずはノンネーム情報(社名等会社を特定できる情報を伏せた簡単な概要書)にて打診し、
その後ご関心をいただいた企業のみ、秘密保持契約を締結の上、詳細情報(社名、従業員情報、財務情報を記した企業概要書)を開示いたします。
さらにご検討を進める先とは、トップ面談を実施しビジネスの親和性や、シナジーについてお話をいただきます。

ステップ6:意向表明書・基本合意契約の締結

各譲受候補企業より意向表明書または基本合意契約にて、譲受の基本的条件(価格、スキーム、スケジュール等)をご提示いただきます。
オーナー様がご納得頂ける条件でございましたら通常、一定期間の独占交渉権を付与いたします。

ステップ7:買収監査(デューディリジェンス)

一般的に譲受企業や譲受企業が選任した公認会計士や弁護士による財務調査・法務調査が実施されます。

ステップ8:最終契約書の締結・譲渡の実行

譲渡に関する諸条件を調整し、最終的な譲渡契約書を作成・締結します。
当該契約書に基づき株式・事業の譲渡を実施し、完了となります。

ステップ1:個別相談

貴社のM&Aニーズに基づき、ご案件の紹介から成約まで支援いたします。

ステップ2:M&Aニーズを弊社データベースへご登録

弊社のデータベースに貴社M&Aニーズをご登録させていただきます。
以下の項目について可能な限り詳細をお知らせください。
①対象業種
②エリア
③売上規模
④買収価格の上限額
⑤その他(従業員数、希望許認可、資格、開発言語等)

ステップ3:ノンネーム情報の開示

弊社のM&Aデータベースより、ご登録頂いたニーズに合致する企業様のノンネーム情報を開示致します。

ステップ4:秘密保持契約の締結と詳細情報の開示

ノンネーム情報にご関心頂いた場合、弊社と秘密保持契約を締結いただきます。
その後、IM(企業概要書)及び案件の詳細情報を開示致します。

ステップ5:アドバイザリー契約の締結とトップ面談

譲渡企業のオーナー様とのトップ面談等次のステップに進むことをご決断いただいた場合は、弊社とアドバイザリー契約の締結をお願いしております。
トップ面談ではビジネスの親和性や、シナジーについてお話をいただきます。

ステップ6:意向表明書・基本合意契約の締結

譲受のご意向を意向表明書または基本合意契約にて、譲受の基本的条件(価格、スキーム、スケジュール等)と共にご提示いただきます。
譲渡側企業が応じた場合、通常は一定期間の独占交渉権が付与されます。

ステップ7:買収監査(デューディリジェンス)

一般的に貴社あるいは貴社が選任した公認会計士や弁護士による財務調査・法務調査等を実施していただきます。

ステップ8:最終契約書の締結・譲渡の実行

譲受に関する諸条件を調整し、最終的な譲渡契約書を作成・締結します。
当該契約書に基づき対価の支払と株式・事業の譲受を実施し、完了となります。